これからも自分の髪と付き合う方法

by kgruver on

私は、昔から髪の毛が細く、いわゆる猫っ毛です。
学生の頃は、髪を長く伸ばしてもそんなに気にはなりませんでした。

それが40歳に近づいてきた辺りから、頭のてっぺんのボリュームが気になり出し、分け目もくっきりとして、明らかに薄くなったと感じ出しました。他人の目も気になり始めたのです。

そこで私は、コシが出てふんわりするシャンプーやテレビの通信販売でよく見る育毛剤などを試したり、ネットで検索して、頭皮を柔らかくするマッサージをしてみたり、いろいろとやってみました。

だからといってすぐに結果が出るはずもなく、今でも鏡の前で、自分の髪の毛に日々苦労しています。

男性も若いうちから薄毛で悩んでいる人は多いようですが、私のように、女性でも悩み苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。

髪の毛が薄い印象だったり、ボリュームがなかったりすると、実年齢よりも老けて見られてしまいます。

少しでも若く見られたい女性にとっては深い悩みになりかねません。

私は、自分の髪の量がこれからもっと気になり出したら、時間がかかる方法より、いっそウィッグにしてしまおうかなと思っています。

部分ウィッグなど、最近ではテレビの宣伝を頻繁に見ますし、お値段が少し気になりますが、そういうものを付けることにあまり抵抗がなくなっているように感じています。

Written by: kgruver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です